読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

youtubeボールボーイ  感想

今日はyoutubeで海外のボールボーイの動画を見ていました。ボールボーイといっても選手にすぐボールを渡してくれないユース?の人達の動画です。

さすがにただこけただけだろって動画もありましたが、あそこまでひどいとは思いませんでした。まだ、選手の手元に返さず、ピッチに投げ込み返してくれるのはまだ我慢できるけど、ボール掴んだまま離さなかったり、ボール持ったまま選手から逃げるとかヤバすぎだと思いました。ていうか、クリロナ選手相手にまでやるとか勇気ありすぎです。最終的には監督にボール取られてるシーンもありました。そして1番あかんと思ったのはボールを離さなくて選手に蹴られて復讐されてるシーンです。蹴った選手にはレッドカードだされましたが、元々ボールボーイが悪いし、あのような時間稼ぎをされたら負けてるチームからしたらイラつくのも当然だと思います。また、これが海外だけだろと思っていましたが、浦和が鳥栖のボールボーイにやられた動画を発見してしまいました。

僕がビックスワンで観戦してたとき、選手を近くで見れるボールボーイがとてもうらやましかったです。それなのに、こういう事実があったことにとても驚きました。

ボールボーイがあかんなら、もう一つ選手を間近に見れる審判を目指そうかしらとも思いましたが、審判って場合によっては、1番走る選手より走行距離やばい場合あるし、誤審で問い詰められたり、西へ東へ飛ぶ必要もあってライセンス取れなさそうだし、サッカーの仕事に関わるのって大変だなと思いました。ただ、サッカーが好きなことは変わらないし、サッカー選手たちにはこれからもサポーターを楽しませる素晴らしいプレーを期待しています。